お役立ち情報

複数税率対応レジの導入等支援

 

複数税率対応レジの導入等支援の補助率は、基本的に2/3ですが、A型が4つに分類され、それぞれ細かく決まっています。

レジ本体のほかに、レジ機能に直結する付属機器等(バーコードリーダー、クレジットカード決済端末、電子マネーリーダー、レシートプリンタ、ルーター、サーバ等)も合わせて補助対象となります。補助額は1台あたり20万円が上限となります。

また、機器設置(運搬費含む)についても補助対象となり、さらに1台あたり20万円が上限となります。

A型の異なるタイプで申請したものの合計額にも上限があり、事業者あたり200万円となります。

 

A-1型 レジ・導入型
(POS機能のないレジを導入)

1台あたりのレジ本体及び付属機器の合計が3万円以上

→ 補助率 2/3(1台あたりの上限が20万円)

 

1台あたりのレジ本体及び付属機器の合計が3万円未満

→ 補助率 3/4

 

設置に要する経費

→ 補助率 2/3(導入するレジの台数×20万円が上限)

 

 

A-2型 レジ・改修型
(複数税率非対応のレジを、対応したレジに改修)

レジ改修費 → 2/3(1台あたりの上限が20万円)

 

 

A-3型 モバイルPOSレジシステム
(レジ機能サービスをタブレット、PC、スマートフォンの汎用端末と付属機器を組み合わせてレジとして使用するものを導入)

タブレット、PC又はスマートフォンの導入費
※指定サービスベンダー(指定業者)が事務局に登録した機器及び対象サービスにおいて動作保証して登録した機器に限ります。

→ 1/2(1システムあたりの上限が20万円)

 

付属機器及び対象サービス導入費

→ 2/3(1システムあたりの上限が20万円)

 

設置に要する経費

→ 2/3(1システムあたりの上限が20万円)

1システムあたりの組合せはシステムによって異なりますので、取得の際、専門の業者に確認ください。

 

 

A-4型 POSレジシステム
(POSレジシステムを導入又は改修)

POSレジ及び付属機器

→ 2/3(1台あたりの上限が20万円)

 

POS機能を有するソフトウェアを汎用端末にインストール等して利用する場合の汎用端末

→ 1/2(1台あたりの上限が20万円)

 

基本的に2/3を補助される制度ですので、申請が可能な期間にレジ等の入れ替えを検討してはいかがでしょうか。

 


・2017年4月22日 配信


« ||
無料税務相談実施中 問い合わせフォーム

名古屋・東海エリアで税理士をお探しの方は
お気軽にご相談下さい。無料相談実施中。

問い合わせメールフォーム
  • 今の顧問料に不満のある方
  • 自社会計に時間が取れない事業者
  • しっかりとした分析を行いたい方
  • 医療関係に携わっている方
  • 中小企業の元気のために
  • プライバシーポリシー
  • 事務所概要
  • 事務所通信
  • 採用情報

トップへ戻る